フォト

プロフィール

  • 【芸名】Jake(ジェイク)
    【通称】J(ジェイ)
    ビビり犬、甘えん坊将軍♪
    2007年3月8日生まれの男の子


    【名前】アル
    ヤンチャな暴れん坊将軍♪
    2015年5月29日生まれ男の子

kazuha

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

バックナンバー

ショップetc・・・

  • 【デコボール】
  • 【ラグジュアリーシャンプー】
  • 【ラグジュアリーリンス】
  • 【バイオチャレンジ】

  • 【フロントライン】
  • 【グルコサミン】

お気に入り

  • 【ヤクルト ウコン&オルニチン】

  • 【新商品を試せる♪】


    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



    商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

アルバム

ブログ村参加中♪

無料ブログはココログ

« エスティ ローダー マイクロ エッセンス ローション | トップページ | 年末年始 »

父、生還す。

いやいや、随分ご無沙汰しておりまして。
ついでに随分寒くなりましたが、風邪など引いてませんでしょうか?




kazuha家、大晦日に私の実家に帰り、一泊し
元日の夜遅く帰阪するという、
例年通りの年末年始を過ごしていたんです。

和やかに家族と酒を酌み交わしながら。

2日の日には姉の家族御一行様も名張に帰省。

普段通りの三が日が過ぎ去っていった。




名張への帰省、旦那の実家への挨拶も済ませ、
4日の日は昼から初詣にでも足を運ぼうと考えていた。
旦那は、買い物に出かけている。


小腹が空いたので、早めに昼食をとろうかと
鍋に湯を沸かし、パスタを茹で始めたのが11時過ぎ、


携帯が鳴った。


表示は父の携帯。


表示を見た時点で、『何かあったんだ!』と私にはわかった。


文章を書くことが得意な父は、メールこそ頻繁に送ってくるが、
電話嫌いの父が、わざわざ携帯から電話をよこすなんて
まずあり得ない。


嫌な予感を抱えたまま、電話に出ると
父の声が。


『kazuhaか?』

『うん。お父さん、何かあった?』

『胸が苦しいんだ。胸の奥が焼かれたように熱く、
30分ほど待ってみたが、治まらないんだ。』

『お母さんは?』

『エアロビ。』


『お父さん!お父さんの年齢を考えると心筋梗塞の可能性が高いね。
救急車呼ぶよ。いいね?』

『やはりそうか。。。この電話は切った方がいいか?』

『そうね、取り敢えず切ろうか。救急車呼んだらまた掛け直すからね。』




慌てて119のボタンを押しながら、コンロの火を消す。

しかし、119にかけても繋がるのは大阪消防局なので、
名張の消防に掛け直してくれと電話番号をいわれる。


思わず叫んだ。
『そちらから繋げてくれないの?』
と。


すぐ電話を切り、また10ケタの番号を押さなくてはならない。

震える手を何とか動かし、
名張の消防に電話をかける。


父の名前、住所、生年月日、
心筋梗塞の疑いがあること、
そして私の身元を伝えると、

オペレーターに『玄関のカギは開いていますか?』と尋ねられる。


『分からないですが、これを切ったら父に電話をします。
動けるようなら鍵を開けさせますが、
万が一開いていなかったら、窓を破っていただいて構いません。
とにかく搬送してください。』

と伝え、救急が向かったことを確認し、電話を切り、
父に電話を掛け直した。






父はまだ電話に出れる状態だった。


『お父さん、玄関のカギ、開いてる?』

『うん。開けた。保険証もすぐ手元にある。』


緊急時に冷静な判断が出来る父は
さすがだと思った。
やはり職業柄だろう。。


『すぐ救急車、来るからね。来るまでこの電話繋げておこうね。
今、一階にいるの?』

『うん、今は1階。2階のベッドで横になってたんだけど、
胸が苦しくなって。。様子見てたんだが、治まらなくて。』

『そっか。心臓を低くすると負担がかかるから、
座ってる方がきっと楽だと思う。』

『そうか。。。帰ってきたら僕がいないとお母さん、驚くだろうな。。。』

『大丈夫!お母さんにはすぐ連絡するから。大丈夫。
救急車の音聞こえない?』

『聞こえないな。。。』


電話越しに父のうめき声が聞こえてくる。


『苦しい?大丈夫?もう一度消防に掛けてみる。
電話このまま繋げてて!』


固定電話の受話器を耳と肩で挟み、
携帯で名張の消防局に掛けると、
ちょうど、今到着した!とのこと。


程なくして、父と話していた固定電話は切れた。


何とも長い10分間。
人生で一番長い10分間を苦しむ父と電話越しで過ごした私は

ガタガタ震えが止まらない。






でも、そうもしていられない。

母に連絡を繋げなくては!

旦那にも早急に帰ってきてもらわないと!


私が冷静にならなくては!


両手で二回ほど自分の頬をたたき、

母に電話入れ、救急隊員から連絡していただいた搬送先を伝え、
父の靴と上着を持って出るよう、母を病院に向かわせる。


そして出掛けている旦那に電話をし、
父が運ばれた旨と、私があまり冷静ではないので、早急に帰ってきてくれ。と伝え、

一連の作業を終えた。





すぐ名張に向かおうか、母からの連絡を待とうか迷ったが、
搬送してくださった救急隊員からの話だと、

もちろんわからないが心筋梗塞の可能性は低いとの事だったので、
検査が済むまで大阪で待つことにした。

狭心症ならそんなに慌てることはない。






病院で一人、父の面会を待つ母から、
数度電話があったが、なかなか検査って終わらないんだよね。


父が運ばれて2時間後の母の電話で
kazuha家はまた大わらわ。


『お父さん、やっぱり心筋梗塞の可能性が高いって!
今からカテーテル入れて検査するって!』

『そう!カテーテル検査の承諾書の用紙、貰った?』

『貰った!今記入するところ。』

『わかった。今すぐ大阪でるね。その承諾書、サインして渡して。
すぐ名張、行くから!』






1時間半の距離なのだが、
こんな時は何とも遠く感じる実家との距離。


これまでも再三大阪で住まないか?と提案してみたが、
両親の意向はやはり大阪には向かなかった。


父も母も74歳。

これから、こんな事も何度となく出てくるであろう。


今回はいろんなことを考えさせられた。






幸い処置が早かったことと、
冠動脈に詰まっていた血栓は割と小さなもので、
カテーテルでの血栓吸引法で済み、
冠動脈自体の狭窄はなかったようで、ステントやバルーンも
使用することなく済んだ。


父は本当にラッキーだった思う。


CCU(心疾患集中治療室)で3日を過ごし、
一般病棟で5日間過ごし、


C605


先週末、無事退院した。






これぐらいで済んだから良かったが、
心筋梗塞は心筋梗塞!

今後、抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)は多分生涯服用となるだろう。


さすがに懲りたか、
水分補給はビール!ぐらいに思っていた父が、
一生懸命まめに水を飲むようになった。

夜の晩酌もビール一本で我慢し、
お腹が空かないからと取らなかった昼食も
食事だって水分が含まれているんだからね!と再三窘めていた
私の言うことを聞き入れ、
昼食も取るようになった。


今は退院したところだから、そんな気も起きないのだろうが、
趣味の水泳も怪我をしない程度に
出来るようになるといいんだけど。


全て摂生じゃ人生楽しくないものね。





この正月は大阪と名張をたくさん往復しました。

Jも旦那も。


やっとkazuha家、日常に戻りつつありますhappy01


にほんブログ村 犬ブログへ←父の生還にどうぞ、盛大にクリックをお願いしますhappy01

« エスティ ローダー マイクロ エッセンス ローション | トップページ | 年末年始 »

」カテゴリの記事

コメント

kazuhaさん、ご無沙汰してます。
『ひまわりみたいに♬』kiyoです。
久しぶりに訪問したところ、お父さま、大変でしたね。
お二人の冷静な判断と対応、すばらしいです。

大事に至らずよかったconfident

cutekiyoさん
ホントありがとう!ありがとう!
こちらこそご無沙汰しちゃってホントごめんさい。

お蔭様で大事に至らず1週間で退院でき、
ホント有難い話で。
よくぞ電話を入れてくれたもんだ!と神様に感謝したい。
結局本人が異変に気付かない事には周りは何も出来ませんものね。
父をまた尊敬しました。

kiyoさんもkiyoさん一家も健康で楽しい素晴らしい1年になりますよう、
願っておりますconfident

kazuhaさんご無沙汰しておりました。
バタバタとしておりまして久しぶりに来させてもらったら
お父さん大変でしたね。。
読んでいて胸が苦しくなってきましたが、無事退院されたということで胸をなでおろしました。
本当に早い処置のおかげでよかったです。
そしてお父さんがkazuhaさんに電話されて出れる環境におられた。
本当に良かったです。そしてお父さんとkazuhaさんの冷静な判断を尊敬いたします。
本年も宜しくお願いします。

cuteひなころさん
ありがと、ありがとうconfident
ごめんなぁ。。。読んでたら何だかしんどくなる話だよね。。。
私も自分の文章読み返すと、正直ちょっと胸が苦しくなって、しんどくなる。。。
こりゃ、精神衛生上よくないなぁ~^^;

うんうん。ホントだよね。
きっとね、まだ『生きる使命』みたいなものを神様に与えられたんだよ・・・父は。
お蔭様で血栓取っちゃったら本人はピンピンで(笑)
退院するときなんてね、我々夫婦や母を差し置いて、
病人の父が一番前をスタスタ歩き、病院を後にしました(笑)
家に帰ると自分でチャッチャ風呂に湯をため、
さっさと風呂に入り、ご満悦(笑)
病人とはとても思えない様子で帰宅しました。

ホントにありがとう。
もう大丈夫ですscissors

そうそう!台湾はどうでした??
楽しい時間を過ごせたでしょうか?winknotehappy01note

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002656/54616206

この記事へのトラックバック一覧です: 父、生還す。:

« エスティ ローダー マイクロ エッセンス ローション | トップページ | 年末年始 »