フォト

プロフィール

  • 【芸名】Jake(ジェイク)
    【通称】J(ジェイ)
    ビビり犬、甘えん坊将軍♪
    2007年3月8日生まれの男の子


    【名前】アル
    ヤンチャな暴れん坊将軍♪
    2015年5月29日生まれ男の子

kazuha

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

バックナンバー

ショップetc・・・

  • 【デコボール】
  • 【ラグジュアリーシャンプー】
  • 【ラグジュアリーリンス】
  • 【バイオチャレンジ】

  • 【フロントライン】
  • 【グルコサミン】

お気に入り

  • 【ヤクルト ウコン&オルニチン】

  • 【新商品を試せる♪】


    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



    商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

アルバム

ブログ村参加中♪

無料ブログはココログ

« 動揺歯に飼い主も動揺! | トップページ | 動揺歯に飼い主も動揺!(3) »

動揺歯に飼い主も動揺!(2)

今日もまた暑いでんなー。
でも、明日から雨模様。
気温も落ち着く♪





さてさて。
昨日の続きでございますが、


新たに訪れた動物病院の待合室は患者さん(動物)と飼い主さんでてんこ盛り。

診察室に呼ばれるまで相当時間はかかるだろうなと
ドアを開けたと同時に覚悟(笑)


でも、この待ち時間がとても有益な時間でした。

関西人のおしゃべり好きが功を奏し、
たくさんの飼い主さんがこの病院の色んな情報を教えてくれましたnote


『この先生のオペの技術は確かよ♪』とか

『若年性白内障のオペで4時間も掛けて○○から通ってるワンちゃんもいるのよ♪』とか、

『うちのこの2頭のワンコもここで歯石除去してもらったの♪
何の問題もなかったわ♪』とか。


私にとって勇気付けられる言葉ばかりでしたねconfident

関西人であることをこの日ばかりはメチャメチャ感謝した(笑)




初めてお会いした院長先生は、Good-looking Guyからは程遠い、
目のぎょろりとしたただのおじさん先生だったけど、

Jをきちんと診察し、ちゃんと目で確かめ、
全てを説明してくれる先生でした。


歯周病を放っておくとどうなるのか?
歯石除去の重要性。

そしてオペの手順をも、
画像や実際の抜歯した歯や資料などあらゆる手段を駆使し、説明してくれる先生。


ちょっと早口でせっかちなところはあるけど、
慎重さも見受けられるし、どんな質問にもきちんと返答してくれますし、

この先生にお任せしよう!と思いました。




ワンコを飼ってらっしゃる方はご存知でしょうから、
この辺の説明は省こうかと思ったが、

一応。

歯石取りと抜歯になんでそんなに必死なの?と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

動物の歯の治療は人間のようにはいかないのです。

全身麻酔が必要なのです。


高齢になればなるほど、全身麻酔の影響は大きくなりますし、
歯の治療すら出来ない可能性も出てきますね。

たかが“歯” されど“歯”なんですよね。


あ!それと。

無麻酔でスケーリングを実施している病院を結構見かけますが、
私は絶対お勧めしません。

一番大事なポケット内(歯肉と歯根の間の歯肉炎直下)のスケーリングが
無麻酔だと不可能に近い。


私自身も全身麻酔を躊躇し、Jの歯の治療を遅らせた飼い主ですから、
偉そうなことは言えませんが、
全身麻酔は確かに負担をかける事ではありますけど、
過度に恐れないでほしいと、お伝えしておきます。

ただ、高齢のワンちゃんや心臓等内臓に疾患のあるワンちゃんは
全身麻酔は慎重に!

それは信頼できる獣医さんとよく相談してください。


でも一番大事なことは日常の歯のケアなのですconfident





さて。

話が少し脱線?しましたが、

全身麻酔でのスケーリングと動揺歯、その他すでにもう悪いであろう歯は
全て抜歯してもらう腹積もりでこの病院を訪れましたので、


先生からの説明の後は、術前検査に入りました。

血液検査とレントゲンです。


検査結果が出るまでまた時間が少し掛かります。


でも、オペ日を決めて、
うちの旦那は早速、有給を取るつもりのようだし、

先生の都合もあるし、いつごろオペ出来るかなぁ?

早く終わらせたいなぁ~って、

それぐらいの気持ちでいたのです。


スケーリングと数本の抜歯なら1時間もあればオペは終わりますし、
朝預けて、夕方迎えに来るんだね。。。

ぐらいに。




まさか、まさかの術前検査で引っかかるとは
ゆめゆめ考えもしなかったsweat01


C977


腎臓の数値BUN(尿素窒素)が高値。

この数値が高いまま全身麻酔をかけると
腎不全の可能性も見逃せない・・・・と。


生馬肉食が影響を及ぼしてる可能性もあるが、
腎臓に何か不具合があるなら困るので、

詳しい検査を一つさせてくれと言われました。


犬シスタチンC測定(血液検査)


この数値は運動やたんぱく質(馬肉)に影響せず、
腎機能を測定できる検査なんですね。


でも、外部に検査を出すので、
結果は数日かかります。


犬シスタチンC測定の数値に高値が出れば、
歯石除去をや抜歯をしている場合ではなく、
腎臓の治療に入らなきゃいけないsweat01


もし、犬シスタチンC測定が正常値であれば、
6月25日にオペ。

でも!BUNが高値である以上、そのままの状態で全身麻酔は掛けれないので、
前日24日の夜にJを預け、12時間しっかり点滴をし、
しっかり水分を入れて、BUNの数値を下げ、

BUNの数値がきちんと下がったことを確認し、
やっと初めて全身麻酔をかけ、歯石除去と抜歯に入る!


そんな予定が組まれた。


歯の治療で入院ですよ!


ホントつくづく、犬の歯の治療は大変なんだと
この日はかなり気落ちして、自宅に戻りましたsweat02






ふぅ。

この手の話はやはり気が重いね^^;

少し疲れちゃったので、
また、明日にするわ^^;


にほんブログ村 犬ブログへ←Jくん、今日、ワクチン行ってきた。爆睡。大丈夫かなぁ。。

« 動揺歯に飼い主も動揺! | トップページ | 動揺歯に飼い主も動揺!(3) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002656/56672196

この記事へのトラックバック一覧です: 動揺歯に飼い主も動揺!(2):

« 動揺歯に飼い主も動揺! | トップページ | 動揺歯に飼い主も動揺!(3) »