フォト

プロフィール

  • 【芸名】Jake(ジェイク)
    【通称】J(ジェイ)
    ビビり犬、甘えん坊将軍♪
    2007年3月8日生まれの男の子


    【名前】アル
    ヤンチャな暴れん坊将軍♪
    2015年5月29日生まれ男の子

kazuha


  • ただいま育犬13年目。
    大阪在住。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

ショップetc・・・

  • 【デコボール】
  • 【ラグジュアリーシャンプー】
  • 【ラグジュアリーリンス】
  • 【バイオチャレンジ】

  • 【フロントライン】
  • 【グルコサミン】

お気に入り

  • 【ヤクルト ウコン&オルニチン】

  • 【新商品を試せる♪】


    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



    商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

アルバム

ブログ村参加中♪

無料ブログはココログ

出雲・松江ひとり旅⑰~諸国お勝手料理「根っこ🏮」

島根の地酒を飲み比べした後は

リュックをずっと預かってくれていたホテルに戻り
リュックを頂き、市バスで5分も掛からないかな?

JR松江駅へ🚌


大阪へ帰るバスは駅前のバスターミナルから出発するので
出発前に最後の晩餐😋

松江の食を愉しんでからバスに乗り込みます♪

I617

諸国お勝手料理「根っこ🏮」


「根っこ」「根っこや」「こ根っこ」など。

松江では有名な居酒屋です。


私も「根っこシリーズ」は存じてましたが
地元の方にもお勧めされたので
最後に駅前で便利な「根っこ」に寄ることに🏮


I618 

17:30オープン。
日曜日に空いているのも嬉しいですね。

まずは生ビールを注文。


I619

〆鯖かまぼことあごのやき盛り

左にある〆鯖かまばこがばつぐんに旨くって!!
売ってる場所も教えてもらい買って帰ろうと思ったんだけど、

「ヤバい!乗り遅れる💦」
って状態で買って帰れなかったの😢


またいつかリベンジするわ♪


I620

地魚三種盛り合わせ


I621

しじみの酒蒸しかスープか?(忘れちゃった😆)


I622

島根和牛のローストビーフ

柔らかくてとても美味しかったです😋


I623

のどぐろの煮付け

小ぶりではございましたが脂がのってトロトロ。
味付けも抜群👍🌟

贅沢~😋


I624

地元の日本酒も頂きました🍶


松江の酒「豊の秋」特別純米で。

穏やかな香りで旨味の高い酒でした🍶


I625

〆に めのはご飯とあら汁


「めのは」は島根県出雲地方特産の板わかめ

普通のわかめのように戻したりせず、板海苔と同じ感じで食すようですね。

郷土料理ですから、これも食べてみたかったんですよ~💛


I626

お料理が美味しいので生ビールじゃすぐなくなるから
瓶ビール注文しちゃいました。


このお料理の数々、セットで1人前から注文出来て3500円ですよ!
驚きしかないです!

1日目の夜にこちらにお邪魔すればよかった。


でも最後に大満足の松江グルメと酒が堪能出来て
ほんといい旅でした。

ギリギリで最後はバス停まで走りましたけど(笑)




正直初め、島根って出雲大社と松江城以外に何があるんだろう?
と思っていましたが、

観るべきところ、経験する事、多き旅でした。

1泊2日、大大大満足の旅と相成りました。

島根ラブ(。・ω・。)ノ♡


←長い旅の話になりましたね。いい旅でした♪

出雲・松江ひとり旅⑯~Cafeおつまみ研究所

自転車で松江市内を結構ウロウロしたので
「あれ?」と気になるお店なんてのも見付けましてね☺


借りていた自転車をホテルにお返しして
歩いて出掛けました🐾


I612

松江殿町ラボ「おつまみ研究所」

ネーミングで既に惹かれるww

私の好きそうな店だろうとバチバチっとイメージが伝わってきますねぇ~(笑)


I613

やはりありました🍶

地酒3種類 呑みくらべセット😆


強烈なインパクト!!
加茂福「死神」純米酒

"日本一縁起の悪い名前のお酒"と蔵元自らが言ってしまうほどの
奇妙なお酒(笑)


I614

茶褐色でなかなか日本酒でお目にかかることのない色ですよね~!

紹興酒にも似たお味で「クセがすごいんじゃー」って感じですが
私は結構ハマりました(笑)


「死神」のインパクトが凄すぎて
他のお酒の味、あんまり覚えてない(笑)


「月山」は女性好みのフルーティな酒だったかな。

「手作り純米出雲富士」は島根の酒米佐香錦を用いた
スッキリ爽やかなお酒でした🍶

I615

I616

これは松江を周遊する
ぐるっと松江レイクラインバス🚌


可愛いレトロなバスだけど、あまり使い勝手が良いとは言えませんねぇ~。
私も一度だけ乗りましたが。

1日目、松江しんじ湖温泉駅に着いた時、ちょうどこのバスが停まっていたので
ホテルに近い停留所まで乗りました。


一方向にしか周遊しないのでこのレイクラインバスの1日券もありますが
それよりは市バスも利用しながら上手に利用した方がイイと思いましたよ。

ま、でも。
自転車が一番いいと思う🚴





ホテルに戻るとき見付けた「ストリートピアノ🎹」


だれでも自由に弾けるピアノ🎹
Play me I,m yours


横浜だったかなぁ~。
地下街にある「ストリートピアノ」の話題をちょうどニュースか何かで見たばかりだったので

松江にもあるんだ!と
慌ててちょろっと動画撮らせてもらいました♪


楽器が弾けるってホント羨ましいです🌟


←未だ梅雨入りしない関西。

出雲・松江ひとり旅⑮~堀川めぐり🚢

昼食を頂いた後は

I600

堀川めぐりを体験🚢


国宝松江城の内堀、外堀を約50分かけて周遊する遊覧船🚢

I601


I602


I603


塩見縄手の武家屋敷を水辺から眺めるのも良き👍🌟


I604

城の方を眺めるとお侍さんが手を振っていまして!!
めちゃめちゃビックリしまたよ(*_*;

タイムスリップしたかと思いましたよ(笑)


これは何ですか?
堀川めぐり協会(そんな協会あるのかよっ!ww)が仕込んでいるんですか?

それともコスプレが趣味の方?


色々検索してみたのですが、的確な情報にはたどり着かなかった^^;


I605


I606

お堀沿いの民家。
ありがたいですね♪


I607

あおさぎが優雅に。


船頭さんの名調子は橋の下では
気持ちの良いエコーが掛かります👍🎤

案内のお話も上手でとっても楽しいですよ👍


I608

I609

カラコロ工房の乗り場です。


I610

カラコロ工房のこの建物は、
建築家長野宇平治氏の設計により、昭和13年に「日本銀行松江支店」として建てられたもの。

今はアクセサリーや小物、和菓子作りなど体験できる施設になっています。

私は絶望的に不器用な人間なので寄りませんでしたが(笑)


堀川めぐりではたくさんの橋をくぐりながら遊覧するのですが、
低い橋では屋根が自動で下がるようになっており
大人はおでこが下に付くぐらいかがまないといけません。

そんな橋が4回出てきます。

精神年齢小学3年の私はそれがもう、楽しくって♪

でも本当の子供は屋根が下がってきてもかがまなくて済むんだ!と
再確認(笑)


I611


松江の町並みを水辺から眺めるのは優雅です♪


←まだ梅雨入りしない関西。ちょっとビックリ❢

出雲・松江ひとり旅⑭~季節の風 蔵 「しじみ丼」

お昼はしじみ丼を頂くことに😋

I596

季節の風 蔵


I598

喫茶店風ですね~。


I597

しじみ丼としじみのお味噌汁、小鉢としじみの佃煮も付いてました。


I599

濃い目に見えますが、あっさり上品なお味でしたよ😋
美味しかったです。

これは大阪では食べられない味わい♪

しじみのお陰で前日のお酒もすっかりバイバイ出来ました👋(笑)


←お天気少し微妙⛅

出雲・松江ひとり旅⑬~小泉八雲記念館&武家屋敷

松江城を後にし次に向かったのは

I584

小泉八雲記念館。

ギリシャ生まれ、アイルランド育ちのラフカディオ・ハーンが
日本に帰化し「小泉八雲」と名乗り、作家として活躍。
日本、そして松江を愛してくれた外国人。


私は八雲のことはほとんど知らなかったので
こちらのミュージアムでとても勉強になりました♪





さて、松江では

I585

ホテルで借りた自転車が大活躍🚴

歩いての観光も問題ない距離に観光地は点在しているのですが、

色々廻ると徒歩だと少し疲れちゃう場所もあるので
街がフラットな松江は自転車がとても便利です👍


同じような場所を気兼ねなく行ったり来たり出来ちゃう(^^♪


I586

小泉八雲記念館のある塩見縄手は
松江で最も城下町らしいたたずまいを残している通りで

『日本の道100選』にも選ばれる素敵な通り💓


I587

I588

こういう通りでは自転車でなく、ゆっくり歩く方が良いでしょうねぇ~。
写真も良いアングルで撮れるでしょうし。


サッと自転車で通り過ぎちゃった私は塩見縄手の良い写真があまりありません😿

何でもメリットデメリットがあるって事ですなぁ~。




次は記念館からすぐ近くの

I589

武家屋敷に♪

主屋、長屋門・塀などからなり、江戸中期の面影を残してます。


I590

塩見縄手の名前の由来となった、
塩見小兵衛(しおみこへえ)も住んだ屋敷だそうで

500~1,000石程度の藩士が入れ替わり住んでいたんだって。

I591


I592


I593

当時のお台所なんてのはなかなか興味深いよねぇ~♪


I594


I595


「当主居間」とか「奥方居間」とか「茶の間」とか
とにかく部屋数が多いのでなかなかの見ごたえですし、

こういうのは大人もお子さんも楽しめるんじゃないかな?


←今日はやたら風が強くって🌀 ビックリしております。

出雲・松江ひとり旅⑫~国宝松江城🏯

八重垣神社からJR松江駅に帰ってきました。
松江観光はホテルでお借りしたレンタサイクル🚴

松江はフラットなので自転車が絶対便利👍


私が今回島根の旅を計画したのは、何と言っても「松江城」に行きたかったから🏯

こちらがメーンイベントですよ~~♪


I575

松江城大手前広場の堀尾吉晴公の銅像

松江の開府と城下町形成という大偉業を成しとげた吉晴公は
松江の方の誇り。


堀尾吉晴は松江城完成目前で急死と聞いているが違うのかな?


この銅像の前にボランティアガイドさんがいらっしゃったので
お願いしたんです。

マーツーマン指導(笑)


しかしですね。
入り口に城の説明が書かれた立て看板がよくありますでしょう。

その前での説明が既にビックリするぐらい長い!


私はあちこちの城や神社仏閣でボランティアガイドさんがいらっしゃったら
是非とも!とお願いしますので、もう!分かります!!

「これはヤバいぐらい長いやつ」と(笑)


お話が一段落したところでお父さんに言いました。

「松江はステキな場所ですから他にも見学したい魅力的な施設がいっぱいあります。
松江城は1時間の案内でお願いしたいのですが。」と。


するとお父さんは「そうですか。。。。1時間では天守には登れないかも」
といたずらっぽく仰ったので

「大丈夫です。意地でも城攻め致しますからww」
と返しておきました(笑)


I576


I577


複合式望楼型天守

現存天守12城、国宝5城の一つ。


これでわたくし、国宝の城、完全制覇でございます🙌

感無量🌟


I578

城は石垣が魅力的の一つですが、

こちらの城は「野面積み」


すごいですね。
古い手法でほぼ石を加工することなく積み上げているんだから、
芸術ですね🌟


そして松江城は国宝に指定されるまでの経緯がまた惹かれる。


建築に手間と暇と費用がかかる望楼型天守であることにも価値がありながら
歴史的事実が判然としない。

要はこの城の天守は江戸時代から残る天守なの?どうなの?って話です。


行方不明になった天守の完成が慶長16年だと裏付ける2枚の祈祷札。
これを探すため、懸賞金をかけて市民も奮闘。

城の近くの神社で発見され国宝に認定されたのが2015年。

松江市民の悲願が達成されたことも素晴らしいですね🌟


ボランティアガイドのお父さんの案内と城談議に盛り上がり、
写真もあまり撮ってませんでしたが、

城内もとても見どころ多いですよ!
是非中にも入ってくださいね。


築城時からの城内の階段は思ったほど急ではなかったです。
桐の階段が素晴らしい🌟

犬山城や1か月前に行った高知城はこの歳でも降りるときは心配になりますし、
よじ登る感じ(笑)

それに比べたら全然らくちんでした♪

I579

松江城、別名千鳥城

城から宍道湖も望めます。


I580

そしてこちらの一番奥の山は「涅槃像」「涅槃仏」のように見えませんか?

右におでこがあり、鼻、顎、首の部分がくぼんで胸があり、

まさに仏様が横たわっているように見えます。


こういうことを教えてもらえるので
ボランティアガイドさん、たまらないんですよねぇ~👍

とても勉強になります👍


I581


松江城城内、すぐ横にあります「興雲閣」

この明治36年建設の洋館も見逃せない!


当初明治天皇の御宿所として建設されたのだが、
日露戦争勃発で明治天皇の行幸は実現せず。

しかし後の大正天皇が皇太子の時
お泊りになられたそうですよ♪


I582


I583

明治建造の洋館、私は大好きなのでボランティアガイドさんと別れてから
今一度写真を撮りにもどりました♪


←今日は大阪、夜に雨が降っております。が適度な湿度と涼しくて気持ち良いですよ~♪

出雲・松江ひとり旅⑪~八重垣神社⛩

やっと2日目(笑)

正直なところ前日の夕食に関しては旅先のグルメも楽しみにしていますわたくしと致しましては、
少々消化不良なところはがございましたが、

結構飲んでいましたので
おとなしくホテルに戻り、

ビジネスホテルに関わらず、温泉が引かれてあるので
風呂に浸かりシートパックして寝たんですねぇ~。


朝起きたら結構アルコール残ってましたww


しかし!これが旅行となるとわたしビックリするぐらい
「頑張る人!」になるんです(笑)


市バスだったかな?

フロントのスタッフに聞いてもちょっとあやふやな感じだったので
市バスの方に自ら電話を入れて、バスの時間を確認!

チェックアウトし、またホテルで無料のレンタサイクルを借りて、
JR松江駅に向かい、有料の自転車置き場に自転車を置き、

4番だったかな。
バス乗り場に行くと、ちょうどバスが来ていまして🚌


慌てて乗りました。

多分乗り逃がすと30分、ないし下手すると1時間とか間が空いちゃうので。


I566


20分程で到着🚌


I567

八重垣神社⛩


「ヤマタノオロチ」の伝説はご存知の方も多いと思います。

建速須佐之男命(スサノヲノミコト)と櫛名田比売命(クシナダヒメ)の夫婦が
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の難を避けるために避難したといわれる場所がココ💓

ま、簡単に言うと良縁や子宝のパワースポット💓
(私にはどっちも関係ねぇ~ww)

神社仏閣大好きなので、どこでも行きますよ~(笑)


I568

松江の中心部から少し距離はありますが、
女子は絶対大好きな場所。

訪れるといいと思います♪


I569


I574

これ! やりたいでしょう♪

池で恋占いってやつですよ~~💛


授与所で占いの紙を拝受し奥の院
「鏡の池」に向かいます♪

I570

それまでの道中も良いですねぇ~♪

I571

ここが「鏡の池」


池に占い用紙をそっと浮かべ、10円か100円を紙の中心にのせます。
心の中で願い事を一つ唱え
紙が沈むのを待つだけ。


わたくし、そもそもガサツな人間なもので、
用紙の上にポンとコインを落とすと紙が破れちゃってww
コインだけ沈んでいきました(爆)

罰当たりですねぇ~~ww

優しくそっと。が出来ない人です(ダハハハ)


I572

多分「神の恵みにより道開く 北と西が吉」と文字が浮かび上がったんだと思う。

ん~。
北と西かぁ。。。
予定ない(笑)

あ、良縁とか全然無縁(笑)


願うとすれば自分と家族と愛犬の健康しか願うことない(笑)
縁結びの神様でも。

でも考えてみれば家族こそかけがえのない大切な縁ですよねぇ~♪


I573


←30℃超えたかな?今日は暑かった💦

出雲・松江ひとり旅⑩~酒場16番・とりめし以呂波

松江の夕食に予約したのは

I553


酒場16番🏮


なんて言うかな。
誰もが知ってる店ではなく、
ガイドブックには載ってない地元の方が通いたくなるような店に行ってみたいじゃない♪

ま、ガイドブックも近頃は読まなくなりましたが(笑)


I554

ビールとお通し。


I555

本日の貝煮3点盛

べべ貝
本バイ貝
ニナ貝

どれが「べべ」でどれが「ニナ」かよく分からなかったけどww


I556

ハマグリ鍋🍲


I557

ハマグリとても大きかったです👍


I558

お造りの盛り合わせ。


何を注文してもお料理はおいしいんです👍


でもお店の雰囲気も大事ですね。
せっかく旅に来てるんだし。


ガチャガチャした店は大阪にもいくらでもありますしね。
ってか大阪、そういう店得意分野だし(笑)


奇をてらい過ぎました(;^ω^)


なんだか落ち着かなくて生ビール3杯飲んで1時間ぐらいで出ちゃいましたm(__)m



飲みなおそうと思いましてね。

自分のチョイスに自信がなくなり、ホテルのフロントスタッフさんに

「お勧めのお店どこかあります?」と尋ねましたら


「何がお好みですか?お腹は空いてらっしゃいますか?」などご質問頂いたので

「せっかくなので郷土料理がイイですね、少し食べてます。」

と答え、2軒の店を紹介いただいたんですよ。


1軒目のお店は予約でいっぱいで入れなかったので
もう1軒のお店に。


I559

とりめし以呂波


鶏。。。鶏なのね。。。

と思いながら入ってみました。


I560

セットになったものがあったので注文したらば


I561

クリームコロッケは何気に美味しかったんだけど、


I562

なんで私は松江に来て焼き鳥食べてるんだ?
って気持ちになりまして(笑)


I563


I564


I565

とりめし・・・・松江の名物なのですか?


わたし、グルメに関しては旅先でも結構当りが多いんだけど、
今回はちょっと違ったかな。


これだけ旅に出ていますと
そういう時もありますね(笑)


←湿度が低い6月。ビックリしています。

出雲・松江ひとり旅⑨~宍道湖の夕日🌇

木綿街道を後にし雲州平田駅から終点松江しんじ湖温泉駅に到着。


レイクラインバスがちょうど停まっていたので急いで乗り
ホテルのある大橋北詰停留所で降り慌ててチェックインし、
部屋には一切寄らず

バックパックをフロントに預け、ホテルのレンタサイクルの鍵を貰い
急いで向かう。

私は大阪でもチャリダーなので、自転車は得意だ😆


日本夕日百選にも選ばれる
宍道湖の夕日を見なくては🌇


旅の計画当初、船の上から夕日を見ようと
宍道湖観光遊覧船「はくちょう」の予約をしていたのだが、

地元の方から「船の上からより県立美術館からの夕日が一番きれいなんだ!」
とアドバイスを頂き、

遊覧船は1週間前にキャンセルし

自転車でマッハで美術館へ🚴


あとはもう「言わずもがな」案件ですね🌟

時系列は一切無視です。


I543


美術館の窓に夕日が映るんです。
カーブしているので夕日が5個。
これがカメラの限界。

肉眼ではもっと個数が多いんですよ。


現地で多分地元のおっちゃんなんでしょうね、
「見てごらん!」と教えてくれました😃


I544


I545


I546


I547


I548


I549


I550


ただですねぇ~。
この日は1日とても良いお天気だったのですが、
残念なことに夕方雲が多くなる予報だったのです😢


松江観光協会のHPに「週間夕日指数」という
天気予報のようなものが情報として出ておりましてね。


夕日指数は「40」の「もしかしたら夕日が見られるかも 」って予報だったのよね。
それは存じてました。


この日の日没は19:17だったかな。


早い時間はまだ太陽が雲に隠れず見えていたのですが、
さぁ~水平線に太陽が向かうぞって頃、だんだん雲が覆いかぶさってきてですね💦


沈む姿もマジックアワーも見れそうにない!って状況が手に取るようにわかったので
夕食の予約していた店に電話しましたねぇ~。

「20:00に予約していましたが、早めに伺ってもよろしいですか?」と^^;

天気予報って当たるんですね。
当たらなくていいのに^^;


私は夕日に縁が無いのか?

バリのタナロット寺院でも渋滞に阻まれ夕日が見れなかったですものね。


少し残念ではありましたが
それでも、雨などで一切夕日が拝めない!って天気じゃなく良かった。

そう思うことにしよう🎵


I551

島根県立美術館に上を走る飛行機雲も綺麗でした🛫


I552

そしてこちらの公園にもウサギさんがいっぱいいます🐇


宍道湖の夕日は島根県立美術館でどうぞ👋


←朝晩は結構寒いのでちょっと風邪ひいちゃった😿

出雲・松江ひとり旅⑧~木綿街道

雲大社前駅から電車に揺られる事20分。

「次は雲州平田駅」とアナウンスがあった時 
「どうしよ…降りるか…いや待て…時間はあるのか?」

瞬時に頭を巡らせ、扉が閉まるギリギリホームに降り立つ。


元々木綿街道には行きたい思っていたがスケジュールはかなりタイト。
島根出身の方に「木綿街道は観ること、経験すること少ない」と言われていたので
予定から外す事に。


しかし考えていたより1時間早い電車に乗車でき、
チェックインしてホテルで少しゆっくりしようと思っていたのだが

「雲州平田駅」と言う固有名詞が耳に入り
居ても立ってもいられなくなり、
電車を降りてしまいました😬

1時間あればなんとかなる😊


そして雲州平田駅は途中下車が出来る駅なので
切符も無駄にはならないのです✨🚃 


長い前置き失礼しました🙇‍


I528

さて木綿街道「岡茂一郎商店」


I529

こちらでは醤油のテイスティングをしました。
パンに付けて味わいを確かめてみるんですよ😊


I530

そして醤油アイスを頂きました🍨

甘じょっぱいのであっさりしたみたらし食べてる感じ?😋
醤油の風味がしっかりしていてとっても美味しかったです😋


I531

暑い日でしたしね。
熱中症対策にも良さそう👍✨

I532

木綿街道では「黒瓦」や「なまこ壁」「格子窓」などが連なる
二階建妻入り造りの町家は平田独特のもの。


I533

I534

こちら「岡茂一郎商店」の建物も江戸時代から残るものなんですよ。

I535




もう一店舗寄りました♪


I536

創業明治10年。
「酒持田本店」


この出雲市平田は日本酒発祥の地と言われています🍶

ちなみに清酒発祥の地は伊丹と奈良と言われておりますが。

I537

ヤマサン正宗の酵母の違う2種と
島根の酒米「佐香錦」を使ったものと3種を飲み比べさせていただきました♪

佐香錦のヤマサン正宗はスッキリ爽やかな味わい。
暑い日でもスッキリ飲める一杯でしたね👍🌠


I538


140年に渡り出雲杜氏の技を継承してきた「酒持田本店」

建物は2017年に登録文化財に指定されたそうです🌟


木綿街道の町並みをどうぞご覧あれ。

I539


I540


I541


I542


大きな町ではないですが
ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。


もしお時間がありましたお立ち寄り下さい👋

雲州平田駅から徒歩10分です🐾


←関西の梅雨入りは遅いらしい。

より以前の記事一覧