フォト

プロフィール

  • 【芸名】Jake(ジェイク)
    【通称】J(ジェイ)
    ビビり犬、甘えん坊将軍♪
    2007年3月8日生まれの男の子


    【名前】アル
    ヤンチャな暴れん坊将軍♪
    2015年5月29日生まれ男の子

kazuha

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

バックナンバー

ショップetc・・・

  • 【デコボール】
  • 【ラグジュアリーシャンプー】
  • 【ラグジュアリーリンス】
  • 【バイオチャレンジ】

  • 【フロントライン】
  • 【グルコサミン】

お気に入り

  • 【ヤクルト ウコン&オルニチン】

  • 【新商品を試せる♪】


    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

    あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



    商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

アルバム

ブログ村参加中♪

無料ブログはココログ

マレーシア一人旅⑯~4日目帰国・5日目大阪

マレーシアの旅も最終回。
長かったね。長すぎて皆さんにも申し訳なく感じます。ごめんねcoldsweats01

サクッと終わらせます(笑)




最後に美味しいタイ料理にありつけ、充足感たっぷりでまたブキビンタンに戻る。
まだ帰り乗るんだけど、MRTホントよく乗ったなー。

G555

帰ってきてから何となく人様のブログとか4トラとかトリップアドバイザーとか目にすると、
同じ時期に旅をしていた方の中でもMRT開通の情報を得ずに旅をしていた方や
KLに来て気が付いた方などの文章を読み、

MRT開通を旅行前に知れたことと、
その情報を詳しく提供してくれたKL日本人会のブログを運営されている方に感謝と、

資料データの送付をお願いし、個人的にやりとりさせて貰ったりもし、
KL滞在中、KL日本人会の食事会にお誘いいただいたのですが、

スケジュールが立て込み参加できなかったこと、
非常に残念に思います。

正味4日、短い旅にいろいろ詰め込んだのでご容赦いただきたいと存じます。




さてブキビンタンに戻り、少しブラブラしていたのだが、
ビールが入ってることもあり、最後はホテルのロビーでダラダラくつろいでました(笑)

クアラルンプール国際空港もとても広く、たくさんのショップもあるので、
少し早めではあるが、19時にはホテルで預かってもらっているバッグや貴重品を受け取り、
空港へ出発dash


そうそう。ダラダラしている間にマレーシア航空のアプリでwebチェックインを済ませておこうと試みたけど、
何故だろう?うまくいかなくてね。。。

でも、KLセントラルでチェックインできることを私は知っていたのですwink
滞在中、駅をウロウロしている時、そんな表示を見付けて♪


G556

これは空港に行くKLIAエクスプレスのホームなのですが、
KLセントラルの改札を通り抜けたすぐの場所に
マレーシア航空のチェックインカウンターがあるんです♪

当然そこでキャリーバッグも預けられるので大きな荷物を転がして空港に行かなくていいし、
早めにチェックインすれば私のこだわり、通路側の席も確保しやすい♪

絶対便利なのでマレーシア航空利用でKLIAエクスプレスを乗る方は
KLセントラルのチェックインカウンター是非ご利用くださいpaper





電車に揺られ旅の感傷に浸る!なんてそんなセンチメンタルな気持ちは全くなく、

電車の中で私が考えてたことは・・・・

「あれ?マレーシアの空港って金正男氏が例の・・・クアラルンプールだよね?」
でした^^;

あら。私その空港に今から行くわけよね?と思わず検索!!

検索して分かりました!
私が乗るマレーシア航空のターミナルはKLIA1というメインのターミナルで、
金正男氏の事件があったのはKLIA2と言うLCC専用の別のターミナルなんです。

なるほど。

でも、金正男氏ほどのいわゆるVIPがLCCに乗るの?と
また別の疑問が沸き上がってきたのですが、それも調べて納得!

クアラルンプールとマカオ間の直行便はLCCしかないそうで。

なるほど、なるほど。

そんな事を考えながら電車に揺られ30分後には空港到着♪


何気なく、最後に空港の外に出てみようかなぁ~と扉に近づくと、

G557

驚くほどの綺麗な夕陽がshineshine

G558

思わず、道路を渡り、景色を見渡しましたconfident

こんな夕陽で見送ってくれたら、
また来ようかな?とか思っちゃう(笑)


G559

大きな空港。

ショップとか免税店も覗いてみたけど、これと言って物欲も湧いてこず、
バーガーキングで取り敢えず残ったリンギットを使ってみたけど、
それも少々余ってしまい、少なすぎて両替も出来ず、持って帰っちゃったhappy02

誰かマレーシア、行く?(笑)


驚いたのがクアラルンプール国際空港の出国はセキュリティを2回通らないといけないの!

イミグレを通る前のセキュリティ。
ま、これは普通ですよね。

搭乗前に搭乗口でもう一度セキュリティチェック!

イミグレも2度のセキュリティもさほど混んでなかったので気にならなかったけど、
曜日や時間帯によっては、早めに空港に入り、余裕をもって出国する事をお勧めしますpaper


G560

飛行機に乗り込むと私の隣がずっと空いている♪
あら?これは超ラッキーってやつ?

と小さくガッツポーズをしていたら、離陸ギリギリで乗って来られました^^;

ま、そうよね。
ほぼ満席だったもの(笑)


帰りが6時間のフライトかな?

悲しいかな、やっぱ、年々身体がキツくなってきてるよねcoldsweats01

膝が痛いってなにそれ?
長いフライトもこれまでたくさん経験したけど、膝が痛いなんて感じたことはない。

お陰様で夜中のフライトなのにほぼほぼ眠れなかったけど、

G561

飛行機から朝日が拝めたし、


G562

朝7:00のリムジンバス、大阪湾の朝の光も綺麗でしたshine

帰国した日ももれなく猛暑日だったけど(笑)




携帯忘れて大わらわ、バス故障&電車トラブルのダブルパンチ、暑さにもずいぶん苦労しました。
バトゥ洞窟、ピンクモスク、行けなかった場所もある。

反省の多い旅ではあったが、45歳の私が今出来る全てを出し切った、
充足感たっぷりの旅だったと思う。

とてもいい経験になったし、また強くなって帰ってきました。

思い出に残る、そんな旅だった。


そしてこの旅を全部書き終え、満足ですhappy01


←充実感たっぷりだったので今年の秋の旅はもういいかな?と思うぐらいです。珍しくhappy01

マレーシア一人旅⑮~4日目マレーシアでタイ料理 Ginger Restaurant

セントラルマーケットでお茶をし、少しブラブラしていると
もうお昼を過ぎていた。

お腹も空かないし、一旦ホテルに戻ることにした。
少しゆっくりしたかったことと、

パッキングしてチェックアウトをしておこうと思って。


G547

これが今回の旅の記事でよく出てきて、パピリオン。

MRTの開通が大きかったが、宿泊が便利な場所だったので
その点ではとても有意義だったshine


そうそう。
グランドミレニアムクアラルンプールホテル、こちらのチェックアウトは12:00。
でも私の乗る飛行機は22:00。

かなり時間があるじゃない。
少し疲れた時、ホテルの部屋を使えることは重要!

ですので、チェックイン時にフロントでレイトチェックアウトのリクエストをしてみたんですね。

「18:00にチェックアウトをした場合いくら掛かりますか?」と尋ねたら

いくらって言ってたかな?
日本円で約8000円だったと思う。

「結構高いですね。。。。」と迷っていたら、

「14時のチェックアウトなら無料で構いませんよ」と嬉しい提案をshine

少しでも長く部屋が使えると安心だhappy01

グランドミレニアムにお泊りの方で遅いフライトの方は
チェックアウトを延ばせないか聞いてみると良いと思いますconfident


プライオリティパスとか持ってないので、大阪に到着する翌朝までシャワーも浴びれませんから、
さっとシャワーをし、歯磨きをし、パッキングを終わらせ、

G553

デローンと足を延ばせるこの椅子でNHKの高校野球を観てました(笑)
最後に何か美味しいものでも食べたいなーと検索しながらね♪


14時少し前にチェックアウトと同時にキャリーバッグを預け、
パスポート、ミラーレス、持ち歩くには多すぎだろう日本円を
フロントのセキュリティBOXで預かってもらい、

また出掛けることに。


何だか全然お腹が空かなくて、必殺技を使うことにしたwink

G554

前日訪れたマッサージ屋さんにまた行ってきました(笑)

近いし安いし♪
1時間でお願いしましたhappy01


身体がほぐれるとやっと空腹感も出てくる!
さぁ~美味しいものを食べようdelicious


午前中に居た、

G549

セントラルマーケットに戻ってきました(笑)

セントラルマーケットのあるパサール・スニ駅とブキビンタンはMRTで二駅なんですよ♪


検索していると美味しいお店がありそうだったので(´∀`*)ウフフ


G548

セントラルマーケット2階、タイ料理ジンジャー。

綺麗なお店だし安心♪


マレーシアでタイ料理を食べる?って話だけど、
大好きな鶏肉がマレーシアでは全然食べる気がしなく、ずっと何故か海老ばかり食べていたら、
トムヤムクンが食べたくなってhappy02

トリップアドバイザーかな?検索していると
こちらのお店がヒットし、評判も良さそうだったので来てみましたhappy01


G550

取り敢えずビールを注文し、

G551

青パパイヤのサラダ、ソムタムを♪

甘酸っぱいあっさりサラダでニンニクが効いているし
もう~~~~~サイコーhappy02happy02

ビールが進む~~~note


G552

トムヤムクンは「辛さどうします?」と聞かれたので、
辛すぎるのも食べにくいので、「少しスパイシーで」とお願いしましたwink

一人なのでもちろん小さいサイズを注文しましたが、
結構量もありました。

酸味とコクと辛さのバランスがちょうどよく、笑顔がこぼれましたね~deliciousdelicious


マレーシアでは食に少し苦労したので、
邪道な選択にはなったが、最後に美味しいものが食べれて大大大満足deliciousdelicious

ビールを3本も飲んじゃったhappy02


マレーシア料理に飽きたら、是非、セントラルマーケット2階のタイ料理ジンジャーへ。
kazuha、勝手におすすめ致しますpaper


もうこの時16:30ぐらい。

昼食ではなく、夕食に近かったですね(笑)


←さぁ、やっと次が最終話♪ 台風大丈夫かな?大阪も雨脚が強くなってきました。

マレーシア一人旅⑭~4日目 チャイナタウン&寺院散策♪

台風接近中typhoon
3連休気を付けないといけないですね。





マレーシアの旅も4日目。
この日は起きるのが辛いぐらいよく寝ましてcoldsweats01
ベッドの中で随分ダラダラしました(笑)

G529_2

朝食も8時とゆっくりめ。
このホテルでの朝食もこれが最後となります。

22:20の便で帰国します。

マンゴージュース、オレンジジュース、よく飲んだなー♪
水分摂取量が普段から半端ないんですwink





最終日の予定は計画段階でも一切考えなかった。
気分と体調でその日に決めることした。

と言うわけで、午前は近場で観光♪


MRTに乗り、前日バスの故障に遭遇したパサール・スニ駅で降りると
チャイナタウンがあり、その周辺に観光スポットが点在しています。


G530

ちなみにこちらパサール・スニ駅のトイレなんですが、
横に礼拝室が設けられているんですよね。

地下鉄やモールなど至る所に設置されている礼拝室。

宗教、文化の違いを垣間見ることが出来ますconfident


駅から歩いてすぐチャイナタウンに到着♪

G531

こちらプタリン通りがチャイナタウンのメインストリート。


G532

G533

アラブ系のカップルが素敵だったので写真撮らせてもらいました♪

午前中なのでこんな感じですが、夕方には歩行者天国になり、
露店や屋台で埋め尽くされ賑やかに♪

見て歩くだけでもきっと楽しいでしょうし、
海南チキンライスの有名店などグルメも盛りだくさんhappy01


一番行きたかったのがここ♪

G534

スリ マハ マリアマン寺院。

マレーシア最古のヒンドゥー教寺院。

イスラム教のモスクも観れれば、ヒンドゥ教寺院を観れるなんて
多民族国家マレーシアならではだと思うんですよね^^


靴を脱いで入らせていただきます。

G535

G536

ヒンドゥ教寺院も初めてでしたので、私も皆に習いしばし座って
眺めていました。

G537

G538

ナタラージャ(踊るシヴァ)かな?
ヒンドゥ教は調べてもなかなか難しい!

ただ実はJの名はヒンドゥの神シヴァがちょっと由来にもなっているんだー。
かすってるぐらいの話だけどwink

G539

G540

ヒンドゥ教寺院なんてまず日本でお目にかかることはないでしょうし、
とってもいい体験になりましたconfident




ヒンドゥ教スリ マハ マリアマン寺院の斜め前になんと!

G541

関帝廟が!!
異教徒の寺が目の前にあるってなかなか不思議な光景eye

チャイナタウンにあるTempleなら「仏教」かな?と思ったが、どうも違うようで。
仏教や儒教の教義を取り込んだ道教になるそうです。

なかなか宗教は難しい。

少し中に入ってみましたが、昨年のホーチミンのチャイナタウンの寺で見た
グルグル巻いたお線香が釣り下がっていて一緒でしたね。




チャイナタウンからすぐ近く、

G542

G543

セントラルマーケットへdash


G544

水色の建物の中はエアコンが効いていて涼しいです♪
ショップがたくさん入っているので、少しお土産購入したりしましたが、

2時間ほど外をウロウロしていると暑さがジワリと鞭を打つ!


と言うわけで、セントラルマーケットの中の

G545

オールドタウンホワイトコーヒーでしばし休憩smile


G546

コーヒー屋なのに、一度もコーヒー飲まなかったhappy02


←午後からどうするか。一人作戦会議です(笑)

マレーシア一人旅⑬~3日目 十號胡同&マッサージ&ジャランアローで屋台飯♪

旅の記事が既に13話。
さすがに自分でも長いと思うcoldsweats01

でも旅は私が力を入れている趣味の一つなので書き上げたい♪

さ、今日はどこまで書き進められるかな?




ブルーモスクの見学を終え、受付で呼んで貰ったタクシーに乗った。
陽気なタクシードライバーでね(笑)

初めは「ジャパニーズか?」から始まるんだけど、

東京に何度か訪れたことがあるらしく、嬉しそうに話し出す。
大阪に来たことはないのか?と尋ねると、大阪には来たことがないらしい。

千葉と東京と富士山に行ったと言っていたかな?happy01
その千葉ってさ、成田空港じゃないの?なんて思いながら話していたが(笑)

南国の方は基本陽気でおおらかだhappy01


駅の券売機でトークンを購入し、15分ほどホームで待ったかな?
電車に乗り込む。

電車に乗るとホッとする。
エアコンが効いているので、暑がりの私には心地よい。
それでも長く乗っていると冷えてくるので、海外では必ず厚手のパーカーを一枚腰に巻いて行く。
羽織るものは絶対必要。


G513

KTMコミューターのトークンは黄色だった。
券売機の使い方もMRTとほぼ同じだったと思う。

滞在中数種類の電車に乗車したが、どの電車も車内はとても綺麗shineshine

35分程でKLセントラルに到着し、一度ブキビンタンに戻ることにした。
考えてみれば、日中ブキビンタンに居たことがまだ一度もない(笑)


MRTの乗り場に向かい、下りのエスカレーターに乗りながらハッと気付く!

エスカレーターに乗っている間にバッグから財布を取り出し、必要な小銭を出し、
改札ですぐトークンが買えるように準備してるんだよね。自然と(笑)

3日も経つとまるで普段から使い慣れた電車に乗るように振舞うんだから、
人間って凄いなーと手前味噌だが感心する(笑)

ま、慣れたころには帰国するんだけど(笑)


ブキビンタンに到着したのはもう既に14時。
軽く昼ご飯を食べよう。

G516

前日の夜、閉店間際で利用出来なかったフートンフードコートに行ってみた。
(夜の画像でごめんなさい)


あっさりお粥が食べたかったので探すと

G514

こちらにしか置いてない様子だったので、
店名は分からないがここで注文♪

ビールも飲みたくてbeer
でも、こちらにはビールが置いてなかったので違う店でビールを調達し、
席に座り、遅い昼食。

G515

中に白身魚の切り身がたくさん入っており、
出汁がよく効いていて、思いのほか美味しかったよ~good




ブキビンタンで少しお買い物をすることに♪

G517

G518

ビルが建ち並び、KLでも中心部だから、ほんと都会よね。
これだけ発展した街だけど、物乞いをする方の多さにも驚くsign01

道端の至る所に座っている。

20年前に訪れたバンコクのようだった。

もちろん日本にも路上生活者は居るが、日本には生活保護法があるので
建前上最低限度の暮らしは法律で守られているが、

マレーシアの社会福祉はどうなっているのだろう?と
少し気になってしまった。




買い物をしていたら、ついつい両手がふさがりそうになったので、
ホテルに戻り、荷物を置きに♪

やっぱ、便利な場所にホテルを取る事は短い旅には重要だwink




1時間ほどホテルの部屋でゆっくりしていたのだが、
身体の疲れが取れないので、マッサージでも行こう!と思い、ホテルを出て、

ブキビンタン最大の屋台街、アロー通りに行ってみる。

G519

まだ夕方なので静かだが夜の活気は凄まじい!!
それはまた後で。

G520

うぉ!大量のドリアン!!

G521

ワォ!てんこ盛りのランブータン♪♪

などと一人で喜んでいたら、
アロー通りの入り口付近の

G522

マッサージ店のおばさんの客引きに合うcoldsweats01


普段の私なら客引きはノーサンキューとばかりに無視なのだが、
実際マッサージを受けたかったのも事実だし、
いろんな経験をした今回の旅だし、「それもいいか!」なんて思い、

フットマッサージだけなら大丈夫だろうと入ってみることに(笑)

するとその客引きのおばさんが
「それなら60分の全身マッサージのほうが絶対気持ちいいって♪」って言うから、

「じゃあ、それにするから、そこに書いてある肩のマッサージ20分っての無料で足して、
80分70RMでやってよ!!それでOKなら全身マッサージにするよsmile」と
交渉してみる♪

OKと言ったので、お願いすることにhappy01


全身マッサージなので、入り口付近のチェアーでのマッサージでは出来ないので、
奥に行けという。

「大丈夫かな?」とドキドキしたし、
ロッカーなんかもないしねcoldsweats01

少々不安な気持ちで初めはマッサージを受けていたが、
おばさんなかなか力も強く、上手なマッサージで、寝てしまいそうでしたhappy02

清潔!とは言い難い店ではあったが、身体もほぐれ、
久しぶり空腹感を感じる♪

「屋台でご飯食べて帰ろう」


G523

G524

夜のジャランアローは200mに店がひしめき、
どこの店も客でいっぱいshine


G525

シーフードが食べれそうな大きな店の席に座ってみる。
写真付きのメニューを持ってきてくれるので、
オーダーも簡単♪


G526

やっぱりまずはビールbeer
小瓶と大瓶があるよ?と言われたので、そこは迷わず大瓶で(笑)

ビールはおかわりしましたdelicious


G527

これがサテですね。
東南アジア風串焼き、焼き鳥ってところ。

とても美味しかったけど、タレが甘いピーナッツ風味でこれはちょっと苦手coldsweats01
そのままの方が私は好き♪


G528

海老のポルトガル風なんちゃら。
(忘れちゃったww)

青いのはオクラっぽかったね。

まぁまぁかな。

やっぱり味付けが微妙に私の好みではないのですが、
海鮮が安くで食べられるのは嬉しい♪


完食し、伊勢丹の地下をブラっと見て、セブンイレブンで飲み物を買い、
ホテルに戻る。

この日は20:30には部屋に戻り、シャワーを浴び、いつのまにか寝てましたsleepy


←3日目の午後を一気に書き進めましたよ~( ◠‿◠ )

マレーシア一人旅⑫~3日目 ブルーモスク♪

バスも電車もトラブル!なんて状況を何とか乗り越え、
シャーアラムに無事到着し、

駅前のタクシーをすぐ拾う。

ここにもタクシーを仕切るおっちゃんがいますので値段交渉。
どうも相場は10RMのようです。

駅から約10分で到着。


G499

ホテルを出てから2時間掛かってしまいましたよ。

でも、その全て忘れてしまうほど美しいshineshine

大袈裟に言えば、撮った画像ぜーんぶ、お見せしたいぐらい!!


中央下が受付です。
記帳台で名前や国名などを記入し、見学させていただきます。

その前に、ここはイスラム教のモスク。
女性は肌や髪が露わになっていては見学が出来ません。

でも大丈夫♪
全身を覆うローブと髪を隠すヒジャブを貸してくれますwink

G500

「プッ」と噴き出した貴方!
ドラえもんじゃないからね!!happy02happy02

この旅唯一の自分の写真がこれ(笑)

同じ時間の見学にたまたま日本の方がいらっしゃったのでお願いをし、
記念に写真を撮ってもらいました♪

久しぶり日本語を聞いたような気がする。

靴を脱いで中へ。


G501

見学の皆さんと案内の方と階段を上ると・・・・・。


G502

こうだもんなー。

この画像一つでも横向きで撮ったものにしようか縦にしようかといちいち悩むぐらい(笑)


G503

G504

360度、どこを見ても美しいshineshine


G505

案内してくれたおじさん。
手に持っておられるのはコーランですね。


G506

礼拝堂。
入口付近では撮影もさせていただけます。

とにかく巨大で、どこをどう、写真に撮ればいいものか・・・・悩みます。

何せ、25,000人が一斉にお祈り出来る広さなんです!

今画像に見えているフロアは男性が祈りをささげるスペース。
女性は上階で祈ります。

さすが戒律が厳しいムスリム。


G507

ドーム状になった天井。
黄色い模様に見えるものはイスラム語で書かれたコーランの中の一説だそうです。

如何せん、案内が英語なので、説明のほとんどは分かりませんでした。
ダハハcoldsweats01


もう、言わずもがなですね。


G508


G509


G511


G510

こちらはモスクの結婚式のお部屋です。


G512

こうやって旅が出来ることに感謝をしたい。

そんな気持ちになりましたwink


帰りのタクシーは受付で呼んで貰ってくださいね。


←少し郊外になりますが時間があればぜひブルーモスクへpaper

マレーシア一人旅⑪~3日目 ブルーモスクへ!険しき旅路

マレーシア3日目。

一気に郊外、北と南、午前と午後に分けて観光してやろう!と初めは考えていたが、
気温と自分の体力を鑑み、どちらか片方にし、午後からはちょっとゆっくりしようと思った。

だから朝も若干だがゆっくりめ♪


G495

このお兄さんが焼いてくるオムレツを毎朝頂くdelicious
お野菜たっぷり、チーズがとろ~り。
とても美味しかったよgood


G496

右上のフルーツの皿に乗っているヒゲが生えた赤いのがランブータン♪
手で割るとプシュッと果汁が飛ぶぐらい新鮮でしたdelicious

美味しかった♪
南国はフルーツが美味しいねhappy01




9時過ぎかな。
観光に出発dash

グランドミレニアムホテルのすぐそばの

G497

MRTの出入り口。

パビリオンに行きたい方もブキビンタンを降りたら、PintuEの出口を目指しましょう。




この日は午前中、ブルーモスクへ向かっていた。

ブルーモスクへは電車で行く方法とバスで行く方法がある。
(もちろんタクシーでもいいのだが)

電車で行く場合はブキビンタンからMRTでKLセントラルに出て、KTMコミューターでシャーアラムまで行き、
シャーアラムからタクシーで10分ぐらい。

初めはその方法で行くつもりだったんだけど、
色々検索していると、バスのほうが便利だ!と気が付いたんです。


MRTでパサール・スニ(Pasar Seni)駅で降りると駅前にバスターミナルがあります。
そこで750番のバスに乗り込み、40分ほど揺られるとブルーモスクのすぐそばの
シャーアラム・シティ・バスターミナルで降りれば、歩いてすぐなんです。

乗り換えも少ないし、バスのほうが断然安いし便利。


パサール・スニ駅を降り、750番の乗り場は割とすぐ分かった♪
(私、せっかちなのですぐ人に聞くんだけどねwink

750番のバス停に到着すると同時にバスが来た!!

「ラッキー♪」と思わず、声に出して言ってみたが、
どうも様子がおかしいdash

乗客が一斉に降りてくるのは普通のことだが、
ドライバーまで降りてきて、何やらジェスチャーで「ダメだ!」と表現している。

が、マレーシア語では何を言っているかさっぱり分からない。


私のすぐ隣にいた、ヒジャブを被った小柄な若い女性に聞いてみた。

「何があったのですか?このバスはシャーアラムに行くバスですよね?動かないのですか?」

「バスが故障したみたい。私もシャーアルムにいくつもりなんだけど。」

「故障!長い時間動かないのですか?」

「多分。1時間とかかかりそうよ。貴方、タクシーで行ったほうがいいと思う。」


はい、皆さん。口を揃えてどうぞ!

今日も「Oh my godsign03の始まりでございますcoldsweats01


すぐ頭を切り替えた。

その女性に「私は電車で行きます。ありがとう。」と伝え、
バスターミナルを足早に後にする。

パサール・スニ駅にもKTMコミューターが乗り入れていることを分かっていたので、
駅のほうへ歩く。

MRTの駅とは少し離れていて、川の上の高架を渡り、3分ぐらいかな?


KTMコミューターの駅の券売機で切符を購入しようと思ったが、
何だかここも様子がおかしい。。。。。

人の数が異常に少ない。

窓口を見てみると、一枚の張り紙が。。。

「本日は終日、この駅は使えません」と書いてある。。。

再び「Oh my godsign03ですsweat01


いったい何が起きているんだろう。。。

何が起きているかわからない上に、
私が行こうとする道をすべてシャットアウトされると
訳が分からなくて、不安に駆られるsweat01


この駅はダメ!と書いてあるから、
KLセントラルに行けば、KTMコミューターには乗れるのだろうか?

と、再びMRTに戻り、KLセントラルに出てみた。


KTMコミューターの券売機も窓口も普通に人が居るので、「あ、乗れるんだな。」と理解し、
券売機でトークンを購入しようとしたらお札が入らない。

すると隣で購入している人言われた。

「券売機の小銭が無くなったみたいよ。今、お札じゃ買えない」と。


おお・・・・なるほど。
そういう事もあるのか。。。

しょうがない!と窓口へ行くと、行列sweat01

だんだん気持ちに焦りが出てくる。。。。。


ようやく切符を購入し、改札を通り、乗り場に行くと電車がちょうど来た!!

乗り込み、空いた席に座るが電車が出る様子がない。


周りの人たちも降りる人が居たり、自分が降りる駅を確認し、「停まらない?」とわかると降りてしまう。
未だに何が起きているのかさっぱり分からないが、

何かが起きている。

「私はシャーアラムに行けるのだろうか?」と不安が止まらないsweat01

そして、なぜ焦っているかというと、
11:30にモスクに到着したかったんです。

モスクだけに礼拝の時間があるので、午前の見学は12時まで。
そこを過ぎると14時からでないと見学ができない。

何もない郊外のシャーアラムで午前の見学に間に合わなかったとき、
とてもじゃないが2時間も時間をつぶせないsweat01

電車で間に合わないなら、少々料金が掛かってもタクシーで行った方がマシだ。


通路を挟んだ席に座っていた、少し小太りのマレーシア人男性に尋ねてみた。

「この電車はシャーアラムで停まりますか?」と。

「シャーアラム?シャーアラムは大丈夫♪停まるよ。」と笑顔で答えてくれるが
マレーシアの独特の訛りで英語がとても聞き取りづらい。

でも、私も諦めない(笑)

「いつ出発するんですか?何時に到着します?どうしても11:30に着いていたいんです。
間に合いますか??」

と矢継ぎ早にcoldsweats01

電車を降りてタクシーで行くか、このまま乗っていくのか、
私の頭の中では決断を迫られていたのです(笑)


その小太りの男性は「大丈夫。僕もシャーアラムで降りるからシャーアラムに着いたら教えてあげる。安心して。」と。

・・・・いやいや^^; そこじゃないんだよな。着いたらさすがに私も分かる。
時間が間に合うのか。。。そこが知りたいんだけど。。。


するとビジネスで来ていたイラン人男性がこの会話に参戦してくれ、
空いていた私の席の隣に座り、

シャーアラムに停まること、時間も間に合うことを私に伝えてくれ、
大丈夫だと教えてくれたhappy01


程なくして電車は出発したが、KTMコミューターはのんびりした電車でね。
昔のディーゼルの電車を思い出すぐらい、ゆっくり走っていく。

約40分は掛かったと思う。

隣に座ったイラン人男性と小太りなマレーシア男性と何となく会話を成立させながら、
説明できないときはLINEの英語通訳(これ、使えるわよ♪)も使い、
シャーアラムに到着。

まだ先を行くイラン人男性にお礼を言い、小太りマレーシア男性と一緒にシャーアラムの駅を降りた。

この男性はタクシー乗り場まで見送ってくれ、
また深くお礼を言い、ブルーモスクへ。


G498

これがKTMコミューターの車内。
映っている男性がビジネスで来ていたイラン人男性です。


結局今になっても、パサール・スニ駅で乗れなかった理由も
電車が何やらトラブルを起こしていた様子も理由がわからない(笑)


それにしてもバスが故障して、電車もトラブル!ってそんな事ってある??
おもっきりダブルパンチじゃない‼️


今回はどうもスムーズには旅をさせてくれないようだcoldsweats01

←素敵なブルーモスクの姿をお見せしたいのですが、時間がないので明日にcoldsweats01 タイトル変えようcoldsweats01 また根気よく話を聞いてくれるマレーシアの方のお陰で助かりました。考えてみたら得てして男性陣のほうが優しいよね。

マレーシア一人旅⑩~2日目 オールドタウンホワイトコーヒー

携帯紛失騒動でギリギリのバス乗車。
身体は疲れているのに2時間バスに揺られても一睡も出来ない。

あんな騒動の後だから致し方ないか。

こうやって一人で旅に出るんだから根性はあるほうだと思うが、
相変わらず睡眠に関してはナイーブなノミの心臓coldsweats01


TBSバスターミナルから電車を乗り継ぎ、ブキビンタンに到着したのは20:30。


時間も時間だし、簡単にご飯を済まそうと、

G492

Lot10のフードコートを利用しようと思った。

Lot10もショッピングモールで上階が伊勢丹、
地下が十號胡同(通称フートン)フードコートになっており、意外と美味しいらしい♪

矢印通り、降りてみてウロウロし、適当なお店で注文しようと思ったら、
「フードコートは21時で終わりなんだ!」

と言われて、ガクッcoldsweats01

疲れに追い打ちをかける一言だわ^^;


もう、めんどくさいのでまたパビリオンの地下に行き、

G493

オールドタウンホワイトコーヒーでご飯を済ますことに。

マレーシアのそこらじゅうで見かけるカフェチェーン店なんですが、
食事メニューも驚くほど豊富で、ローカルメニューも多岐にわたり、

少し休憩するときも小腹が空いたときもガッツリ食べたいときも
なかなか使える店のよう。


あっさりしたものが食べたかったので、

G494

海老の入ったヌードルを。

平打ちだけど透き通った麺だったのでビーフンなのかな?


見た目美味しそうだよねhappy01

でもこれもいまいちだったな(笑)

あっさりして食べやすいけど、薄いだけ?(笑)


コクとか旨味がないんだよね(笑)


ただ食べやすかったのでツルツルっと完食♪


毎夜毎夜、夕食は22時。

さすがに疲れたsweat02


明日はスケジュールを大幅にカットして、もう少しのんびりしよう!
と、心に誓い、シャワーを浴びて、睡眠ですsleepy

←やっと2日目終了。今回の旅の記事は長い(笑)

マレーシア一人旅⑨~2日目 マラッカ③

今日はおそらく画像とか出てきませんよ。
あしからずcoldsweats01




高温の中でブラブラも出来ず、16:00頃、橋のたもとで並んでいるタクシーを拾った。
やはりそこにも交渉人のようなおっちゃんが。

「マラッカセントラルに行きたいんだけど20RMでいいよね?」
「OK.。そのタクシーに乗りな。」と指差したタクシーに乗り込む。

インド系マレーシア人のタクシードライバー。

エンジンを切っていたのでしょう。
エアコンが掛かっておらず、車内は蒸し風呂状態sweat01

日傘をたたみ、斜め掛けのバッグと斜めに掛けていた大きなカメラ、首に掛けていたスマホ、
思わず取り外し、シートに置き、バタバタと扇子で仰ぐ。

すぐインド系のドライバーが運転席に乗り込み、
エンジンが掛かり、エアコンが動き出したので窓を閉めた。

陽気に喋り続けるドライバーも多い中、
交わした会話は一つだけ。

「何処で泊まっているんだ?クアラルンプールか?」
「そう。クアラルンプール。」

それだけだった。


15分でマラッカセントラルに到着し、
すぐバスのチケット売り場に行ってみた。

もし一本早い便に空きがあるなら、チケットを交換してもらえないか聞いてみようと思って。

こうなったら早くKLに帰りたい。


「早い便に空きはないか?」と聞いてみたが、
チケット売り場の不愛想な若いお姉さんに足蹴にされた。

カウンターをよく見ると19:30以降の便しか既に空きはない。
との表示があった。

そりゃ、足蹴にもされる。


マラッカセントラルの中をブラブラするか、
お茶でもして時間を潰すか~と歩き出したとき、「ハッ!」と気が付いたsign01

いつも胸元にある携帯がない!!

嫌な汗が噴き出し、身震いがしてくる。

すぐ気が付いた。
タクシーのシートに忘れてきたんだと。


この恐怖は今でも忘れられないsweat01
暑さも怖いが、携帯が無いなんてsweat01

命の次に大事なものがパスポートだったとしたら、その次は携帯だ。

正直ね、スマホがあるから私が今、この年齢になって一人旅が出来ていると言っても
過言ではないぐらい。

場所がわからなければ地図で調べられるし、
言葉分からなければ、翻訳サイトもある。
寂しければSNSで電話すら掛けれる。

この後の旅行日程・・・・私はどうするんだ?
震えが止まらなかった。


とにかくインフォメーションに行って、状況を伝え、助けてほしい!と訴えた。

もちろん私にヒアリング能力がないことも十分理解しているが、
マレーシア人の英語って非常に聞き取りにくいんです。

それでも伝えるしかないし、何度同じことを繰り返してもらってでもこちらも聞き取らなきゃいけない。

インフォメーションの人が管理室のようなところに連れて行ってくれ、
そこの人が私の携帯に電話をかけてくれた。

が、多分私の携帯自体が発信も着信も出来ない設定にしていたんだと思う。
Wifiルーターもレンタルしてきたし、
電話回線を使うとは考えてなかったので。

その管理人がタクシー乗り場連れて行ってくれ、
タクシー乗り場の“長”みたいなおじさんに私を引き渡した。

そのおじさんは優しく笑顔で「落ち着いて!」と言い、
タクシーに乗車した場所や車体の特徴、ドライバーの特徴などを聞き出してくれた。

焦りながら必死で私も説明する。


でも心の奥底で冷静な自分も居て
「戻ってくるわけがない、KLに戻るのに2時間。ホテルに到着し旦那に電話をし、
ストップ掛けるまでに悪用されたら、一体どれ程の高額請求が…」なんて思っていた。

そしてこんなことも。

「昔はスマホはおろか、携帯なんてない時代もあったじゃないか。
それでも皆旅に出ていた。なんとかなる。」という、諦めに似た気持ちと。


このおじさんは終始笑顔で「リラックス。リラックス」と私に声を掛けてくれる。
そして「落ち着いて!僕がタクシーに乗った場所まで連れて行ってあげる。そのタクシーを探そう。」と言った。

「でも、17:30のバスでKLに帰らなきゃいけないんです。」私が言うと、

「うんうん。分かった。17:30のバスに乗れるように戻ってくるから、その時間まで探してみよう」と
おじさんが言う。

正直ね、タクシーなんてたくさんあるんです。
そんな事をしても無駄だろうな。と思ったし、

海外でiPhoneを失くして、戻ってくるわけがないとしか思えなかった。

でも、おじさんの言う通りにしようと思い、
おじさんの車に乗り込み、また来た道を戻る。

おじさんはその間も常に「落ち着いて!笑顔!笑顔!」と励ましてくれる。

「どのへんでタクシーに乗ったんだ?オランダ広場か?」
「いえ、橋を渡ったすぐ、ジョンカーストリートの手前です。」

と答えた時、おじさんの携帯が鳴った。

おじさんは電話に出て、何か喋っているが、マレーシア語なので
もちろん何を言っているかわからない。

電話を切り、おじさんは私にゆっくり言った。

「マラッカセントラルに戻るよ。君を乗せたタクシードライバーがシートに置いてある携帯に気づき、
セントラルに戻ってきたんだhappy01」と。

「 Reallysign01sign01sign01 Oh my godsign01
I'm so happysign01 Thank you so muchsign01

自然とそう言ってました。
ハリウッド俳優張りに感情をこめて。

そしてそのおじさんと握手を交わした。


マラッカセントラルに戻ると、インド系のドライバーが車から降りて私にiPhoneを渡してくれた。
深く深くお礼を言い、ハグをした。

今考えれば、ハグなんてして良かったのだろうか?
イスラム教徒の方だったとしたら逆に申し訳ないだろうか?

ホッとして涙が止まらない。

管理室でドライバーと私と私を連れて行ってくれた“乗り場長”のおじさんと管理長みたいな人と、
拾得物を引き渡したいう、その事柄をノートに書きお互いがサインをした。

その辺をちゃんと記録に残すってのは意外と先進的なんだなーと驚いた。

管理長が「貴方のためにみんなが動いてくれた。そのお礼をしてあげてほしい」と言ったので、
金銭で良いか?と確認をし、

もちろん快くお礼をさせてもらった。


その間も涙を流す私に落ち着いて!とココアを出してくれたり、
ずっと親切にしてくれた、マレーシアの方たち。

「絶対戻って来ない」と決め付けた自分を恥じました。




今回の旅に際し、出発前様々のことを検索しますよね。
もちろん今回のマラッカまでのルートや、観光地、グルメ、色々と。

ネットで色々調べている間に何度か目にした、

「マレーシアの人は親切」って文章。

ふーん。親切な方が多いんだな。よかった。ぐらいにしか思わず読んでるよね。

訪れてみて、こんな大失態を犯し、たくさんの方に助けてもらい、
今回の旅でマレーシアの方がどう親切なのか本当によく分かりましたconfident

例えば道を尋ねるでもそう。
私のような拙い英語でも一度尋ねたら、最後まで面倒を見てくれるの。

分かるまで聞こうとしてくれるし、解決するまで付き合ってくれ、
「大丈夫、落ち着いて!」と笑顔で言ってくれる。

翌日もそんな場面に遭遇するんです。




皆さんのお陰でKL行きのバスにも間に合い、無事帰ることができました。

G491

TBSバスターミナルに到着した時の画像。

携帯忘れ物騒動で、写真なんて全く撮ってなくてcoldsweats01


バンダル・タシッ・スラタン駅からKLIAトランジットに乗りKLセントラルに出て
MRTでブキビンタンに戻りました。

←でも基本、海外で物を失くして戻ってくるほうが珍しいので、私が言うのもおこがましいですが、自己責任ですので気を付けてくださいね。こんな事、稀だと思います。

マレーシア一人旅⑧~2日目 マラッカ②

セントポール教会跡の丘の反対側を降りると

G481

サンチャゴ砦が。

ポルトガル軍がオランダとの戦いに備えるため建てられた「ファモサ」と呼ばれる要塞。
当時は高い塀で囲まれていたが、現在は石造りの門と大砲のみ残されています。
(すげー全部コピペww)


セントポールの丘の反対側から降りてこれることを知らなくて^^;
遠回りして、要らぬ体力を使っちゃったsweat01


容赦なく照り付ける太陽sun
気温が何度だったのかは定かではないが、
大阪の35℃の猛暑日の中を歩いている感じなの。

日傘で上からの太陽は一応カバーしてるんだけど、
地面から照り返しの暑さがとにかく半端なくてsweat01
全身から汗が噴き出してくるっ!

サンチャゴ砦の写真を撮ってるとき、
「これはヤバイsweat01
と思った。


日陰を見付け、扇子でバタバタ仰ぐがまったく汗が止まらないsweat01

熱中症になったらどうしよう・・・・
一人で。。。

今思い出してもちょっとドキドキしますsweat01


道を挟んだ所に大きな建物がある。
人が入っていくのが見えたので、取り敢えず、行ってみたらショッピングモールだったんです♪

救世主のエアコンが。

モールにあちこちに設置しているベンチがあるじゃない。
そこに座り、扇子でバタバタ仰ぎ、塩飴を舐めて、体温を下げ、落ち着くのに
20分以上そこで座ってましたね^^;

熱帯雨林気候の旅は厳しいsweat01


モールで体温が落ち着き、
わたしは今、どこに居るんだ?とスマホを取り出して、
位置を確認し、理解する(笑)


G482

ダタラン パラワン マラッカ メガモール
(公式HPより画像お借りました)

もうこの時14時だったのね。

お昼食べてない!と気が付き、

ちょうどモールの中でいたので、店を探すことに。


モールだけにたくさんのレストランもフードコートもあったけど、
マレーシア料理も中華料理もインド料理も食べたくなかったので、

G483

SUBWAYに(笑)

シーフードサンド美味しかったぁ~~delicious
コーラもごくごく飲みました。

エアコンが掛かった中でたっぷり1時間半ダラダラしましたね(笑)


回復したのでまた観光へ。

G484

マラッカ スルタン パレス。

マラッカ王国の宮殿博物館です。
入場料が5RMだったかな。

博物館の前の

G485

公園がとても綺麗shine

だが、暑くてとても散策など出来ないcoldsweats01

ちなみに博物館の中へは靴を脱いで入ります。




またオランダ広場のほうへ戻り、マラッカ川を渡り、

G486

G487

ジョンカーストリートへ。

旧市街の商店街なのですが、
夜はエネルギッシュな街に変貌を遂げるジョンカーストリート。

こちらにはカフェやショップ、レストランなどが立ち並ぶ。

しかし暑さには殊の外弱い私は、もう、一歩も動けず、
橋を渡ったすぐ傍にあったH&Mに入り、買いもしない洋服を見ながら涼むありさまcoldsweats01


一本横の通りに入ると
「マラッカに来たらここでお昼ご飯を食べよう♪」と思っていた店を見付けたので、
入って休憩する事にcoldsweats01


G488

G489

Straits Affair
かわいいお店でしょう♪


とても食事は摂れそうになかったので、


G490

マレーシアのかき氷 チェンドルをいただくことに。
豆の入ったかき氷。

「この緑色のはいったい何ですか?」と店のおばちゃんに尋ねると、
「豆で出来てるのよ。日本では小豆を食べるでしょう?それと同じよhappy01

と教えてくれましたhappy01


この店でしばし休憩しながら、思った!
暑さに弱い私が、日帰り弾丸でマラッカを旅するのは無理がある・・・・と。

日帰り旅だとどうしても猛暑の中での観光を余儀なくされる。

マラッカに行くならマラッカで一泊して、朝や夕方、そして夜、涼しい時間に観光をし、
日中またKLに移動するという、手段を講じたほうがいいと思う。

実際朝晩は大阪なんかよりずっと涼しいそうです。


反省の多いマラッカでしたが、
仕方がない!今回は全てKL宿泊と決まっていたプランだったので、
この方法でしか、マラッカに行けなかったんですよね。

せめて、マラッカタワーにのぼり、マラッカの街を見たかった。
マラッカリバークルーズも乗りたかった。

そして、マラッカの夕陽も見たかった。


いつかリベンジしよう・・・・・その時はちゃんと一泊して。

そんなことを考えながらマレーシア版かき氷を食べていました。




少し早いが、マラッカセントラル戻ろう!

この後、私は大失態を演じるのです。。。。。

←このマラッカのお陰で翌日のスケジュールは大幅に変更しました♪無理はしちゃいかんね。

マレーシア一人旅⑦~2日目 マラッカ① (マラッカへの行き方)

バスに揺られること2時間。
最後の15分は「早く着かないかなぁ~」とそればかりcoldsweats01

トイレに行きたくて(笑)


G466

マラッカセントラルの中に入り、すぐトイレを見付ける!

こちらのトイレは有料なんです。
0.3RM。

有料トイレって昔訪れたイタリア以来。
トイレの前のテーブルで座って料金を徴収する光景は逆に斬新!


このマラッカセントラルの中も結構広いんです。
ショップやレストランがいっぱい。

タクシー乗り場を見付けると、そこには交渉人のようなおっちゃんがいます(笑)
そのおっちゃんと値段交渉。

「スタダイス」か「ダッチスクエア(オランダ広場)」と言えば行先は伝わる。
すると「20RM!」と言われます。

多分、相場でそう決まっているようだ。


15分でオランダ広場に到着。


G467

いやぁ~。テレビで見たまま。
見事に赤い(笑)

そして恨めしいほどの青空sweat01

1753年に建てられた、レンガ色の鮮やかなマレーシア国内最古のプロテスタント教会。
オランダ建築の代表的建物。


G468

「I LOVE ○○」のモニュメント。
近頃どこの観光地に行ってもあるcoldsweats01

この前に人が居なくなることがないので、
せっかくならイスラムっぽい方の画像をwink

この女性の被っているものを“ヒジャブ”と言います。


G470

G471

この噴水と時計台は英ビクトリア女王に捧げるために
1904年に建造されたものだそうです。


G472

オランダ広場の前にはたくさんのトライショーがhappy02
アジアではよく見かけますね。
リキシャと呼ばれていたり。

自転車にサイドカーを付けた感じ?

マラッカのトライショーは派手(笑)


G473

こんな感じでそこらじゅうで走ってます。


G474

多分スタダイス(議事堂)の横を通り抜けていったのかな?
ちょい、うろ覚え。

少し丘を登ります。


G475

見えてきましたね。

G476

セントポール教会跡。

その前には

G477

ザビエル像が。


ベトナムもそうですが統治時代あるので、
東南アジアはヨーロッパの雰囲気を残している街が結構ありますね。


G478

プロテスタントの墓石ですって。

ちなみにこの教会はカトリック教会です。


G479

フランシスコザビエルが殉職したのち、9ヶ月間遺体を安置されていた場所が
こちらの教会なんです。

カトリック信者にとっては非常に重要な場所。


G480

丘の上からはマラッカの町並みとマラッカ海峡がshineyacht


天気が良いので、写真は抜群でしょう?
しかし、その分、どんどん疲弊していく・・・・・わたしsweat01


時間も無くなってきたので、
続きは明日に。


←素晴らしい街並みなのですが、思い出しただけでも汗が出てくるcoldsweats01

より以前の記事一覧